本当に未経験の専業主婦でも稼げるの? ライター業を始める際に注意すること

本当に未経験の専業主婦でも稼げるの?




専業主婦のお小遣い稼ぎにクラウドワークスをご紹介しました。

未経験の専業主婦でも本当に稼げるの?

そう疑問に思われる方へ、

私が実際にクラウドワークスに登録して未経験でライター業を始めて感じたことをご紹介します。

スポンサーリンク


本当に未経験の専業主婦でも稼げるの?

クラウドワークスに未経験でもできるお仕事が多いのは本当です。

登録するだけで未経験の自分にあったお仕事案内が毎日届きますし、検索でもたくさん見つかります。

「主婦の方歓迎」のお仕事は実際に納期などの融通を聞いてくれるので、未経験の専業主婦でも始めやすいです。

専業主婦でもすぐにお仕事ができ、お小遣い稼ぎができることは間違いありません。

未経験ライターがお仕事を始める上で注意すること

未経験ライターがお仕事を始める上で注意すること

クラウドワークスに未経験可のお仕事はたくさんありますが、あまりおすすめできないお仕事もあります。

未経験ライターとしてお仕事を始める上で、注意するべきポイントをまとめます。

記事の作成単価が低すぎる

記事の作成単価は「1記事あたり○○文字以上書いて○○円」と決められているケースが多いです。

難しいテーマや文字数が多い場合の作成単価は高くなりますが、だいたいが1記事あたり500円以下という低い報酬設定になっています。

これでは10000円稼ぐために最低20記事作成する必要があります。

まとまった金額を稼ぐためには数をこなさなければいけません。

案件によってライティング以外の業務も発生する

ライティングだけで1記事数百円ならなんとかこなせるかも…と思いきや、案件によってライティング以外の業務も発生するので要注意です。

お仕事に応募する際、お仕事の内容をしっかりチェックすることをおすすめします。

例えば1記事2000文字以上で300円のお仕事があった場合、これにライティングだけでなく記事に掲載する写真の選定が含まれることがあります。

何とか1記事を1時間で書いたとしても、それから画像を探す作業が追加されると時間がかかってしまいます。

そんなお仕事は損なので避けたほうがよいでしょう。

クラウドワークスは、小さな子どもがいるなどの理由で外に働きに出られない主婦にはありがたいお仕事システムですが、あまりにも単価の安いお仕事を受けてしまうと逆に疲弊してしまいます。

自分が無理なくストレスなくこなせる仕事量と価格を考慮してお仕事を探しましょう。

在宅ライターを始めるなら目標をしっかり立てよう

在宅ライターを始めるなら目標をしっかりたてよう

在宅ライター業は、自分の好きな時間に作業ができることがメリットですよね。

通勤時間も必要ありませんし、子どもを保育園に預けずに済みます。

ですが、融通がきく代わりに単価が安くなってしまいます。

安定して稼ぐにはたくさん記事を書いて納品しなければいけません。

そんなお仕事をずっと続けるのはツラいですよね。

在宅ライターとしてお仕事をするなら、目標をたてて取り組むことが重要です。

ライティング報酬の単価アップを目指す

単価の安いお仕事はあくまで未経験だから受けるものです。

ゆくゆくはライティングの数をこなして、単価の高いお仕事にチャレンジすると良いでしょう。

自分のブログ運営にノウハウを活かす

ある程度ライティングの経験を積んだら自分のブログ運営にノウハウを活かすと良いでしょう。

色んなライティングのお仕事を受けることで、記事の書き方や構成の作り方、見出しの書き方やキーワードの入れ方など様々なノウハウを得ることができます。

せっかくスキルとノウハウが身についたのに、他人のために記事を書き続けるのは勿体なくないですか?

自分でブログを開設し、広告収入を得るともっとやりがいがありますよね。

ブログの広告収入も良いですし、アフィリエイトで稼ぐのも良いです。

ライティングのスキルが上がると自分でできることの幅も増えます。

まとめ

在宅ライター業は、まだ子どもが小さくて働きに出られない等の理由がある専業主婦にとってはありがたい収入源になります。

ただし、使い方や仕事の選び方によっては辛くなってしまいますので、自分ができる範囲のことを無理なくできるお仕事選びが重要です。

ライティングのスキルを上げて収入アップを目指しましょう!