初心者ライターが効率よく記事を作成するための3つのコツ

初心者ライターが効率よく記事を作成するためのコツ




在宅ライター業は好きな時間に作業ができるというメリットがありますが、記事の作成単価はとても低いですよね。

しかし、初心者のうちは作成単価の低いお仕事をこなして実績を作らなくてはいけません。

どうにかして記事の作成スピードを上げたいところですよね。

実際に作業してみると、パソコンを開いたままなかなか進まないことはありませんか?

入力しては消し、入力しては消し…の繰り返しで、なかなか記事が完成しないことはありませんか?

1つの記事を完成させるのに2、3時間もかかっていては報酬は増えませんし、ライターとしてのスキルもアップしません。

 

ではどのくらいのスピードで記事を書けばよいでしょうか。

初心者ライターはだいたい1時間あたり2000文字の記事を書けるくらいを目指すと良いでしょう。

1時間に2000文字も書けない!と思われた方、大丈夫です。

初心者ライターが効率よく記事を作成するための3つのコツをご紹介します。

 

スポンサーリンク


初心者ライターが効率よく記事を作成するためのコツ

効率よく記事を書くためにはどうすればよいでしょうか。

実際に1時間で記事のテーマを考え、見出しを考え、内容を考えて書く…ということはとても難しいです。

テーマを考えるところからスタートすると絶対に1時間では完成しません。

そこで、考える作業と書く作業に分けて仕事を進めるようにします。

初心者ライターでもできる、効率よく記事を作成するためのコツはこちら。

  1. パソコンを起動する前に記事タイトル、見出しを考えておく
  2. 記事構成をテンプレート化する
  3. パソコンの前で内容を考えない

以上3つが、効率よく記事を作成するためのコツです。

1.パソコンを起動する前に記事タイトル、見出しを考えておく

初心者ライターが効率よく記事を作成するコツ

パソコンを開いてから記事のタイトルや見出しを考えると、あれこれ考えすぎてしまいます。

色々と入力して消す…の繰り返しに陥りやすいです。

そこで、パソコンを起動する前に記事タイトルと見出しを考えておきます。

家事をしているときなどに、頭の中でアイデアをまとめます。

実際に使用するタイトル、見出しが思いつけば紙かスマホにメモしておきましょう。

これをするだけで、記事の作成効率はかなり上がります。

単価の低いお仕事ですから、家事などで作業ができない間にアイデアをまとめないと損ですよ。

2.記事構成をテンプレート化する

自分がいつも書く記事の構成をテンプレート化します。

例えば次のようにだいたいの構成を用意します。

  • 記事タイトル
  • 導入文
  • 見出し1
  • 内容
  • 見出し2
  • 内容
  • まとめ
  • 内容

後はこの構成に当てはまるように内容を書いていけば完成です。

記事の構成をテンプレート化しておかないと、毎回構成から考えないといけないので効率が悪くなります。

自分の使いやすいテンプレートを作って作業をしてみましょう。

 

3.パソコンの前で内容を考えない

一番効率が悪いのは、パソコンの前で内容を考えることです。

パソコンがあると簡単に文字を入力して消すことができるので、頭の中で考えていることをそのまま入力、やっぱり消す…という無駄な作業をしてしまいがちです。

また、煮詰まったときにネットサーフィンをしたりメールチェックをしてしまう…といった集中できない環境にあります。

パソコンを開くときは記事の構成も内容も決まってからにしましょう。

あとは一気に書き上げるだけ。

こうすると1時間で2000文字程度は難なく書けるようになります。

まとめ

初心者ライターはとにかく効率よく記事を作成しましょう。

だらだら書いてしまうと、記事の単価が安くて思ったより稼げません。

何時間もかけて書いた記事が数百円にしかならないのは悔しいですよね。

効率よく書き上げる練習を繰り返して、スキルアップを目指しましょう。